続けやすいダイエット方法をやってみよう
頑張ってダイエットして痩せても少し油断したらリバウンド…を繰り返すのはもうやめませんか?リバウンドを防ぐには、しっかり続けられることが大切です。今回は無理せず継続しやすいダイエット方法をご紹介します。

リバウンドの仕組み

リバウンドは、食事制限や水分不足によって体が飢餓状態となり、栄養分が入ってきたときにすべて吸収しようとする働きが強まることや、筋肉量が減って体脂肪が多くなり、脂肪を燃焼する力が弱まることによっておこります。

リバウンドしてしまう原因

せっかく痩せてもすぐにリバウンドしてしまう、目標体重を達成してダイエットをやめた途端に元の体重に戻ってしまった!ということ、よくありますよね。痩せたままキープしたいのに、なぜリバウンドしてしまうのでしょうか?その原因をまとめてみました。

食事制限だけのダイエットをしている

食事制限だけでは、体重自体は減っても停滞期に油断したり、目標体重を達成して元の食事量に戻した時に簡単に体重が戻ってしまいます。

体重だけにとらわれる

脂肪の燃焼には筋肉が不可欠ですので、そのためある程度の筋肉をつける必要があります。筋肉は脂肪より重いため、筋肉を増やすと体重も多少増えますが、体重ばかり気にして筋肉量を減らしてしまうと脂肪の燃焼がされにくくなり、太りやすくリバウンドしやすい体になってしまいます。

目標が適正でない

達成するまでの期間を短期間で設定していたり、大幅な減量を目標としていると、なかなか達成できずに挫折し、リバウンドにつながってしまいます。

ダイエットの目的がはっきりしていない

何のためにダイエットをするのか、ダイエットに成功してどうなりたいのかという目的やその後のイメージがはっきりしていない場合、継続が難しくダイエットを途中でやめてしまったり、すぐに元の生活に戻りリバウンドしてしまいやすくなります。

リバウンドを繰り返すと危険?!

リバウンドしてもダイエットを再開すればまたすぐに痩せられればいいのですが、そう簡単にはいきません。そしてダイエットとリバウンドを繰り返していると、痩せにくくなるだけではなく健康にも悪影響を及ぼす危険があります。

リバウンドを繰り返していくと、筋肉量が少ないまま脂肪が増えていくことになるので、体脂肪の割合が高くなっていきます。そのうち、内臓脂肪が増えてしまうと、内臓に負担がかかったり、血管を保護するためのタンパク質が減少することによって動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中といった病気を引き起こすリスクが高まります。

ダイエットを継続させるコツ

このようなリバウンドを防ぐには、ダイエットを継続させるのが一番です。ダイエットを継続させるのって難しいイメージを持たれがちですが、ダイエットを長く続けるコツは「自分のペースを見つける」ことです。厳しいノルマを課したり、絶対に毎日同じことをしなければいけないということはありません

痩せ続けるというわけではなく、健康に痩せた状態を維持することが重要です。自分の性格や生活スタイルに合わせて、「これくらいならできそう」というレベルで続ければいいのです。

継続しやすいダイエット4選

腸もみダイエット

お腹全体からおへそ周りを軽くつまんで刺激し、腸の働きを高める方法です。これによって代謝が上がったり、お通じが良くなる効果があります。気づいたときにできますし、1分ほどでできてしまうので習慣化しやすい方法です。

ストレッチ、ヨガ

激しい運動をしなくても、ストレッチを続けるだけで基礎代謝は徐々に上がります。体が硬い人も無理せずできる範囲内からで十分です。お風呂上りなど、体が温まった状態でやると効果的です。

ヨガはリラックス効果もありますし、意外とエネルギーを消費しやすいので、運動が苦手な人にもおすすめです。

間食ダイエット

ダイエット中は間食をしないと決めている人も多いと思いますが、無理に我慢しすぎると食事のカロリーを吸収しやすくなったり、ストレスがたまりやすくなりますので、うまく間食を取り入れるのも一つの方法です。

間食を摂る際にはケーキやチョコレート、スナック菓子などの糖質の多いものではなく、ナッツやチーズ、ゆで卵といった栄養のあるものやタンパク質が多く含まれるものを選ぶようにしましょう。

食べ順ダイエット

食べ順ダイエットは普段の食事を変える必要がないので続けやすいです。食べる際に「野菜→汁物→おかず(タンパク質)→炭水化物」といった順序で食べるように気を付けることで血糖値の急上昇、乱降下を防ぐことができ、無駄な脂肪がつくのを避けられます。

いかがでしたでしょうか?
ダイエットは、いつもの生活を少し工夫するだけでとても継続しやすくなります。これからはダイエットとリバウンドの繰り返しから抜け出して、キレイな体の維持を目指しましょう!