ダイエットをしても痩せない人へおすすめ!
「こんなに一生懸命ダイエットしているのに痩せないのはなぜ??」とお困りではありませんか?痩せないのには理由があるかもしれません!痩せないときに確かめたい3つの理由をお教えします!

痩せない原因になる3つ

どんなにダイエットしても痩せないという場合には、痩せるためだけでなく、そもそも人が健康に活動するための3つの大切なものが乱れている可能性があることが考えられます。

1.食事の乱れ
2.運動習慣の乱れ
3.睡眠の乱れ

食事・運動・睡眠と聞くと、「こんな当たり前のこと?」と感じるかもしれませんが、痩せない原因にはこの3つのうちのどれかが関係していることが多いのです。

ダイエットに失敗してしまう人の特徴

食事が乱れている人

・極端に食事を減らす
体重を減らすために極端に食事を減らしてしまうと、体は飢餓状態となり栄養を蓄えようとするので、痩せにくい体になっていってしまいます。また、入ってきた栄養を一気に吸収しようとする働きも強まるので、太りやすくなります。

・水分不足
体内の水分が不足すると、血液の循環が悪くなり冷えの原因となったり、便を排出するのに必要な水分が足りず、便秘になったりします。体が脱水状態になると、めまいがしたりやる気が起きないなどの症状が出ることもあります。

運動習慣が乱れている人

・まったく運動をしない
普段からまったく運動をしていないと、当然筋肉が落ちてしまいます。脂肪を燃焼するには筋肉が不可欠なので、ある程度筋肉をつけ、代謝を上げる必要があります。また、脂肪は筋肉よりも体積が大きいので、体重が同じでも脂肪が多いと太ってみえてしまいます。

・運動のし過ぎ
痩せたいからといって毎日激しい運動をしすぎるのは逆効果になる可能性があります。運動をした後は乳酸がたまるので、たまった乳酸を流しうまく体を休息させてあげることができないと、むくみの原因にもなります。

また、運動をしすぎることは継続しにくく、いつも通りの運動量が得られなかった場合に罪悪感やストレスを感じてしまうことにもつながります。

睡眠が乱れている人

・睡眠不足
睡眠中には様々なホルモンが分泌され、脂肪を燃焼するものや空腹感、満腹感を刺激するものもあります。睡眠不足になるとこれらの分泌が乱れ、暴飲暴食の原因になることもあります。

また睡眠中に分泌される体の回復力や免疫を高めるホルモンは、ストレスを軽減する効果もありますので、乱れてしまうと疲れが残ったり、イライラしてダイエットに悪影響を及ぼす可能性があります。

痩せない原因の改善方法

食事の乱れ

食事の乱れを改善するには、バランスの良い食事をきちんととることが重要です。食事を減らしてしまうと基礎代謝が下がり、元の量に戻した時や少し食べすぎただけでもリバウンドに繋がってしまいます。

・バランスの良い食事を心がける
・早食いは避け、よく噛んで食べる
・間食を摂るときは栄養価の高いものか、カロリーの低いものを選ぶ
・水分は一度に摂りすぎるのではなく、こまめにとる

運動習慣の乱れ

運動習慣の乱れを改善するには、いまの自分にどれくらいの運動が必要か、どれくらいならば続けられるのかを判断する必要があります。筋トレや有酸素運動は無理せず継続できる程度でいいので、運動が苦手な人はながら運動からはじめてみるのもいいでしょう。

・軽い筋トレや有酸素運動で筋肉をつける
・自分の生活スタイルに合った運動量を考える

睡眠の乱れ

睡眠の乱れを改善するには、睡眠時間を睡眠しっかり確保することが一番です。仕事や生活スタイルによってどうしても確保できない場合には、睡眠の質を上げ、短時間でも深い眠りにつけるように意識しましょう。

寝る直前に携帯などの画面を見ることは避け、食事は寝る3時間程度前までに済ませるようにしましょう。寝つけないときには、温かい飲み物を飲んだり、枕元に好きなアロマを香らせるのも効果があります。

・夜更かしは控え、十分に睡眠をとる
・睡眠時間が短い場合は睡眠の質を意識する

いかがでしたでしょうか?
ダイエットを成功させるには、意外にも普通の健康的な生活を意識することが大切なんですよ。自分に当てはまったことがあれば、ダイエットの成功に向けて改善してみてください!