太りにくいダイエット方法をチェックダイエットしているはずなのになぜか太ってしまうなんてことありませんか??それには驚きの理由があったんです!正しいダイエット方法をご紹介

ダイエットしているのに気づけば太ってしまったり、たくさんご飯を食べていないのに体重が減らないなんてことがあるのですが、その原因は間違ったダイエット方法だからなのです。

ダイエットしてるのに太ってしまう方の食事のパターンを調べてみると、朝ごはんは食べない、お昼は菓子パン1つ、夜ご飯も控えめなど食事といったようにどれもしっかり食事をとっていません。

普通ならたくさん食べていないし、痩せるように思いがちですが、これでは栄養不足になってしまい、疲れやすさや、肌荒れなどといった体調不良が出てきてしまったり、間食がいつも以上に増えてしまったりと悪循環に陥ります。

過度な食事制限をすると体が危機感を感じて基礎代謝を下げてエネルギーを節約しようとします。食事制限を続けていると少しの量ご飯を食べただけでもエネルギーを貯えようとするのでエネルギーとしては使わずに脂肪に変わっていってしまいます。

なので、ダイエットしているのに太ってしまうという現象が起きるのです。

太りやすい体を知らず知らずの間に自分自身で作っていたということになります。
さらに、食べないダイエットは基礎代謝を下げてしまうので脂肪が燃えにくくなり太りやすい体になってしまいます。

痩せると思っていたダイエットがまさか逆のことをしていただなんて驚きですよね。
では、どのようなダイエットをすれば痩せる体になるのかというと食事制限というよりは食事改善することが大切です。

必要な栄養素は残して必要ないものは出来るだけ取り入れないようにすることが大事になります。例えばカップラーメンと焼き魚定食のカロリーが同じだとします。どちらを食べた方が栄養をしっかり摂れるかは知識がなくても焼き魚定食だと分かるはずです。

健康に痩せるために食事制限をするというマイナスな考えではなく、栄養素を取り入れて食事改善をするとプラスに考えてることが大切です。

かといってただたくさん食べていい訳ではなく、栄養バランスを考えて食事をすることが必須です。ダイエット中に必要な栄養素は食物繊維、タンパク質、鉄、ビタミンB群です。

この栄養素をバランスよく摂取する事で痩せやすい体が作られていくので、食べても太らずにスムーズに痩せる事が出来るのです。食べてないのに太るのとたくさん食べても太らないならどちらがいいですか??

たくさん食べて太らない体がいいですよね。
ただ痩せるだけではなく、健康的になれるので疲労感がなくなり肌荒れが治ったりと体にもいいことなので、是非食事改善をして綺麗にダイエットをしていきましょう。