ダイエットするなら押さえておきたいおすすめ方法!
ダイエット中は運動や食生活に気を付けることも大事ですが、実は脚や二の腕、お腹など気になるパーツをマッサージすることもとっても効果的なんです!マッサージで代謝を向上させて痩せ効果もアップさせちゃいましょう!

ダイエット中のマッサージの効果

ダイエット中に行うマッサージには、脂肪の燃焼を助けたりむくみを解消してすっきり見せる効果があります。マッサージをすることによって血行が良くなり、体温が上がることで基礎代謝も向上させる効果が期待できます。

マッサージによって直接体重を落とすわけではないですが、マッサージをすることでリンパを流し、たまっていた老廃物を取り除くので、脂肪燃焼の効果を高める事ができるのです。

痩身エステなどでも、施術の際にはマッサージで脂肪を刺激して柔らかくし、流れやすくしてから行うほど、マッサージはとても効果的なんですよ。

またダイエット中は食事制限などによって体内の水分バランスが崩れ、むくみを引き起こしがちです。むくみは太く見せるだけではなく、血行不良や冷えの原因にもなります。マッサージはリンパに沿って行うのでむくみを解消することができ、見た目の変化以外にも様々な効果をもたらします。

さらに、ダイエット中に多い悩みの一つが便秘。食事量やバランスの変化は、腸運動の乱れにもつながります。マッサージをして刺激をし、血行が良くなることで腸の働きが活発になり、便秘の改善にも役立ちます。

効果的なマッサージのやり方

マッサージは、体が温まった状態でやるのが効果的で、おすすめなのはお風呂上りです。全身の血液循環が良くなっているので、効果的にリンパや老廃物を流すことができます。

まずはボディオイルやボディローションを付けて保湿し、手を滑らせやすくしましょう。滑らかに動かせないままマッサージをすると、肌に強い摩擦がかかってしまい、赤みの原因となります。

マッサージをするときは、体の末端から中心に向けてマッサージを行います。力加減は強すぎず、さする程度で十分です。リンパやツボを意識しながら行ってみましょう。ツボを刺激する時も、軽く痛気持ちいいくらいの力にします。

パーツ別マッサージ方法

マッサージダイエットのいいところは、気になるパーツをピンポイントでケアできることです。それぞれの部位に合わせたマッサージ方法をご紹介します。

お腹・ウエスト

お腹は、おへその周りを指で軽くつまんで刺激したり、脂肪を流すイメージでマッサージします。のの字を描くようにマッサージすると便秘解消効果があります。ウエストが気になる場合は、横から中心側に絞りながら流していくとくびれができやすくなります。

ふくらはぎ・太もも

ひざから足の付け根に向かって流したり、ぞうきんを絞るようにマッサージしていくと効果的です。特に内もものお肉は筋肉より脂肪であることが多いので、意識的にマッサージすると太ももに隙間ができやすくなります。

ふくらはぎはツボがたくさんありますので、足首から膝に向かって流すとすっきりします。ふくらはぎのリンパはすねの骨に沿ってありますので、骨と筋肉の境目あたりをマッサージしましょう。最後にひざの裏のツボを刺激するとリンパが流れやすくなります。

二の腕

二の腕は、ひじから肩にかけて流します。わきの下や腕の付け根部分にツボがありますので、刺激してリンパを流すとかなり軽くなります。また肩までで終わらず、肩からバストまで軽くマッサージをするとバストアップにも効果があります。

ダイエットマッサージの注意点

1.入浴中には行わない
マッサージは血行が良くなった状態で行うのが望ましいのですが、入浴中は血流が良くなりすぎて心臓に負担がかかる可能性があります。マッサージを行うときには入浴後に行うようにしましょう。
2.方向は末端から中心に
足であればつま先から太もも方向に、腕であれば手先から肩方向に向かって流していきましょう。これは、老廃物を体の中心方向に集めることで、最終的に排出につなげるためです。
3.力をかけすぎない
マッサージをするとき、思わずゴリゴリと強くしてしまいがちですが、リンパは軽くさする程度で十分流れます。あまりに強すぎるとアザになってしまうこともあるので注意が必要です。

いかがでしたでしょうか?
運動や食事制限が続かない人でも、マッサージをすることによってほっそりとしたボディラインをつくる事ができます。気になるパーツをケアして、キレイな体を目指しましょう!